2009.06.04

筋少「シスターストロベリー」再発決定!

◆ 筋肉少女帯の初期作品群リマスター再発
2007 年に奇跡の活動再開を果たし、 「新人」 「シーズン 2」といったかなり開き直ったアルバムタイトルでのリリース続けている 筋肉少女帯 の長いこと廃盤になっていた初期作品を含む 8 枚のオリジナルアルバムがデビュー 20 周年記念としてデジタルリマスターされて再発売されることが決定しました。

発売予定日は下記の通りカッコ内はオリジナルの発売日。

2009 年 07 月 22 日発売
「仏陀L」 (1988.06.21)
「SISTER STRAWBERRY」 (1988.12.21)

2009 年 08 月 19 日発売
「猫のテブクロ」 (1989.07.05)
「サーカス団、パノラマ島へ帰る」 (1990.02.05)
「月光蟲」 (1990.11.21)

2009 年 09 月 16 日発売
「断罪!断罪!また断罪!!」 (1991.07.21)
「エリーゼのために」 (1992.05.21)
「UFOと恋人」 (1993.04.25)

筋肉少女帯 はレコード会社をたびたび移籍したせいか活動休止期にもさまざまなベストアルバムが発売されており、当のメンバーたちがリリースされたことすら知らなかった 「ゴールデン☆ベスト」 に至ってはそれを知った 大槻ケンヂ が事後に ネット上でセルフライナーノーツを書いている 始末。

デビューしたトイズファクトリーから 「筋少の大車輪」 (1992) というベストが出ており、それに初期の楽曲も少しだけ収録されていますが、「シスターストロベリー」 などはやはりアルバム丸ごと聴いてほしい一枚。当時の空前のバンドブームの中で 筋肉少女帯 はロックだけでなくプログレの要素を含んでおり一線を画していましたが、キワモノ的存在と見られていた 筋肉少女帯 がそのプログレサイドが見事に開花したミニアルバムです。このアルバムはインディーズの頃の楽曲の再レコーディングがほとんどですが、捨て曲ナシの名盤です。このアルバムを最後に脱退する エディ こと 三柴江戸蔵 (三柴理) の鍵盤捌きに聴き入れましょう。

実は先週の 05 月末の恵比寿リキッドルームでのライブで初めて生の 筋肉少女帯 を観てきており、大槻ケンヂ が MC でさらっと今回のリマスター再発について触れただけだったのですが、個人的には大ニュースです。三柴理内田雄一郎 がリマスターの監修もしていていままで聴こえなかった オーケン の「ウグゥッ」「ンハッ」といった息遣いもビンビンに伝わってくる出来上がりだそうです。

デビュー作となる 「仏陀 L」 用にレコーディングされたものの諸々の事情でお蔵入りになった "高木ブー伝説" くらいはボーナストラックとして収録してほしかった気もしますが、曲のアウトロを他のアルバム収録曲に流用している関係上アルバムの構成がおかしくなるので仕方なしか。ちなみにこのテイクの "高木ブー伝説" はベスト盤 「筋少の大水銀」 (1993) に収録されているものの残念ながらすでに廃盤。

長年廃盤だったアルバムがこうして時を経て再発されるのはうれしいものですね。オリジナルも所有していますが、この初期の 2 枚は今回のリマスター盤も購入して楽しむつもりです。当時 (というか今もですけど) キワモノ路線の彼らの音楽をスルーしていた方々にもぜひぜひ手にとってもらいたいものです。

■ 関連エントリー
2005.08.15 - ネットで拾える mp3 でオリジナルコンピ盤を作成しよう【3:Little More】
2004.12.13 - ナゴムレコードの全作品がCDで再発決定
2004.01.14 - 三柴 理 Electric Trio 無料ライブ

■ 関連リンク
- 筋肉少女帯 -Official Web Site-
- 筋肉少女帯 復活情報局!
- 筋肉少女帯 @ Toys Factory
- 大槻ケンヂ
- 内田雄一郎
- 橘高文彦
- 三柴理

■ ニュースソース
- ナタリー
- CD ジャーナル

| | TrackBack (0)

2009.02.20

SUPER JUNKY MONKEY が一夜限りの復活

◆ SUPER JUNKY MONKEY - 1 日だけの復活!
1999 年 02 月にボーカルの 高橋睦 (623) の逝去によって活動を休止している SUPER JUNKY MONKEY がなんとライブをやります。しかも対バンは盟友の WRENCHJASONS

SUPER JUNKY MONKEY presents SONGS ARE OUR UNIVERSE 2009 年 06 月 20 日 (土) 恵比寿 LIQUIDROOM SUPER JUNKY MONKEY, WRENCH, JASONS and more

1999 年 05 月 09 日に執り行われた MUTSUMI TRIBUTE LIVE を最後に音楽シーンから姿を消していましたが、ついに、復活です。しかも一夜限りのライブ。見逃せません。事情により MUTSUMI TRIBUTE LIVE には行くことが出来ず、後日通信販売で T シャツを購入しましたがもったいなくて袖を通したことがありません。この T シャツを着ていくかそれとも別の SJM の T シャツを着るか。いまからコーフンがおさまりません。

ちなみに JASONS 。現在は大幅にメンバーチェンジしていますが STROBO と改名してのファーストアルバム「Ending is the point where all the things get started」 (何回聴いても飽きない超名盤!) のレコ初ライブは SJMWRENCH のスリーマンライブでした。これも事情によりいけませんでした。JASONS のギターの Hiroki のプロジェクト Dt. に一足先に JASONS を脱退した HIDE が途中から参加しているので、Dt. のことを勝手に JASONS 第二期だと思っていただけに今回の復活はうれしい限り。

WRENCH といえば 2000 年くらいにドラムの人が脱退した気が。個人的にはオリジナルメンバーでステージに立ってほしいのですがこれはさすがに無理でしょうか。

--

SUPER JUNKY MONKEY "記憶の捏造" Live

--

SUPER JUNKY MONKEY のオリジナル作品は全部廃盤なので入手は中古とかになると思いますが、amazon のマーケットプレイスで馬鹿みたいな値段が付いている 2 枚組ベスト盤 「Songs Are Our Universe」 は下記のサイトで定価で購入可能です。是非。
- 3rd Stone Store
- galabox

■ 関連エントリー
SUPER JUNKY MONKEY (かわいしのぶ, Keiko, tricomi, BLUE MOVEe, ex-Girl)
2005.08.15 - ネットで拾える mp3 でオリジナルコンピ盤を作成しよう【3:Little More】
2005.01.17 - BLUE MOVEe ライブ会場限定アルバム発売中!
2004.11.01 - トリコミ feat. 戸川純:ライブCD発売
2004.11.18 - トリコミ feat. 戸川純:ライブCD発売日決定
2004.07.11 - 海外で発売されている日本人アーティストのCD
2003.12.15 - tricomi 2004年3月に CD リリース
JASONS (Dt.)
2005.07.22 - Dt. が「モンキーアパートパーティー中」でメジャーデビュー
WRENCH
2004.05.11 - レーベルゲートCD2のアレコレ

■ 関連リンク
- SUPER JUNKY MONKEY
- STROBO
- WRENCH
- Dt.

| | TrackBack (0)

2008.07.13

Perfume 「Puppy love」

◆ 新感覚単語ツンデレーションの誕生の瞬間
07 月 09 日にリリースされた Perfume のニューシングル 「love the world」 がどうやら来週付けのオリコンシングルウィークリーランキングでなんとか 1 位をとりそうな勢いですね。シングルでは 「ポリリズム」 の 7 位、「Baby crusing love」 の 3 位に続いてついにチャートのトップに躍り出ることになりそうです。The Natsu Style での予想では 8 万枚を超えるセールスだとか。

そんな Perfume が 04 月にリリースしたセカンドアルバム 「GAME」 もめでたくウィークリーで 1 位に輝いてます。「GAME」 ではキャッチーなテクノポップからゴリゴリの本格的なフロア対応のテクノトラックまで収録しており、陳腐な言い方になりますが、アイドルのアルバムとしての完成度を遥かに凌駕した一枚となっています。いまからでも遅くないので、まだ未聴なひとは先入観を捨てて聴いてみることをお勧めします。

そんなテクノ満開のアルバムの中で、」最後に収録されている "Puppy love" という曲だけは非常にはっきりとしたポップスとしての音作りとなっています。分かりやすくいえば他のトラックで四つ打ちが多用されているのに比べて、ドラムの作りがエイトビートで非常に生演奏っぽい感じなってます。ライブやテレビ収録でチャンスがあるときにはぜひと生バンドをバックに歌って欲しいものです。

ところで、「GAME」 が発売されてからすぐに "Puppy love"歌詞 が極一部で話題になりました。具体的にいうと2ちゃんねるの Perfume スレッドで話題になってたんですが、サビの一節で歌われている 「ツンデレーション」 という単語です。

「ツンデレ」。これらなわかる。詳しくは wiki で 調べてもうとして、Tsundere に tion を加えているわけです。英語では動詞に tion をつけて名詞にするわけです。create が creation になったり produce が production になるのと同じですね (参考:Yahoo!Japan 知恵袋)。

英単語の Tsundere に tion を付けると Tsunderation が正しい綴りになると思いますが、単純に Tsunderetion かもしれない。この辺はそのうち英語版の wiki に載ったときに判明するでしょう。

で。

ながながと書いてきましたが、結局言いたかったことはこれです。ツンデレーションという単語が一番最初に出てきたのはマンガ 「ピューと吹く!ジャガー」 である、と。つまる Perfume のプロデューサーの 中田ヤスタカ はアルバム制作期間中にあたる 2008 年 01 月に週間少年ジャンプを読みながら Perfume 用の歌詞を考えていたことだけは確実だということだ。

このツンデレーションの登場は 2008 年 07 月に発売された 「ピューと吹く!ジャガー (15)」 の 76 ページで確認できる。Perfume ファンとしてはおさえておきたいアイテムであるともいえる。

■ 関連エントリー
2007.06.30 - Perfume 「チョコレイト・ディスコ (extra mix)」

■ 関連リンク
- オフィシャル @ Amuse
- オフィシャル @ 徳間ジャパンコミュニケーションズ

■ おまけ

ツンデレーション

| | TrackBack (0)

2008.02.03

★ CD 装丁百花繚乱 INDEX ★

◆特別企画! CD 装丁百花繚乱!


CD 装丁百花繚乱

* *

ふと部屋にある CD のコレクションを見ていたらいろんな装丁があることに興味が出てきた。そんなケースをたんたんと記録していく企画です。百花繚乱というからには 100 種類を突破するつもりで気長にやっていきます。

CD 装丁百花繚乱 No.001CD 装丁百花繚乱 No.002CD 装丁百花繚乱 No.003CD 装丁百花繚乱 No.003CD 装丁百花繚乱 No.003


* *

ボックスセットなどでは一風変わった装丁がされることが多いと思いますが、基本的にコレクションの中にあるものや中古で安く見つけたものを紹介していく予定なので高価なボックスセットはあまり期待しないでくださいね。


* *

初回公開日時 2008.01.03 at 22:46

| | TrackBack (0)

ROCKET FROM THE CRYPT解散ライブCD+DVD発売

◆ ROCKET FROM THE CRYPT 解散ライブ盤!

Rocket From The Crypt が 2005 年のハロウィーンでの解散ライブの CD+DVD 「RIP」 が 2 年 4 ヶ月の時を経て 02 月 25 日にリリースされます。地元サンディエゴでの熱狂的なファンで埋め尽くされた熱いライブ盤です。当日演奏されたセットリスト 30 数曲の中から 20 トラックがセレクトされているようです。

Rocket From The Crypt 「RIP」

2008.02.25発売

  1. Intro
  2. French Guy
  3. Don't Darlene
  4. I'm Not Invisible
  5. Get Down
  6. Boychucker
  7. Pigeon Eater
  8. Used
  9. Hairball Alley
  10. Shy Boy
  11. Velvet Touch
  12. Light Me
  13. A+ In Arson Class
  14. Middle
  15. Born in '69
  16. Straight American Slave
  17. Carne Voodoo
  18. Sturdy Wrists
  19. Ditch Digger
  20. Come See Come Saw

1 年ほど前にこの解散ライブを完全収録した DVD が 「Ruff Cut」 というタイトルで超数量限定で販売されていましたが、今回はその DVD よりもより洗練されたチャプター画面や映像編集が施されているとのこと。上記のトラックリストは CD に収録されるものですが、DVD にはどれくらい入るかは現時点では公表されていません。

いま 「Ruff Cut」 DVD を久しぶりに見ていたら "Carne Voodoo" の途中で一回中断しているんですよね。一部の客がステージに上がってきてダイブしようとしたことについてフロントマンの Speedo が強引に演奏を中止したんです。この部分の処理がこの 「RIP」 でどう編集されているかが見所のひとつです。

関連エントリー
2006.10.14 - RFTC の解散ライブが DVD に!
2005.11.03 - ROCKET FROM THE CRYPT の解散ライブ詳細
2005.09.02 - ROCKET FROM THE CRYPT が解散
2005.08.15 - ネットで拾える mp3 でオリジナルコンピ盤を作成しよう【3:Little More】

関連リンク
- ROCKET FROM THE CRYPT
- Swami Records
- Vagrant Records

| | TrackBack (0)

«CD 装丁百花繚乱 No.003