« 生涯 CCCD 童貞宣言 | Main | DREAM THEATER レア mp3 ファイル放出中 »

2003.12.24

CD と CCCD の価格差?

HIP HOP、R&B の注目株 Kelis のサードアルバム 「Tasty」 は CCCD 促進派の Virgin からのリリースなので 2004年01月16日に発売される 日本盤は当然 CCCD なんですが、今月9日に発売された アメリカ盤は通常の CD

すでに発売されている アメリカ盤 CD と 1月発売予定の日本版 CCCD との売上を比較するのは意味がないとはわかっていても Amazon.co.jp の売上ランキングで 436位(US盤 CD) と 45,822位(日本盤 CCCD)と大きく差が開いているのをみるといくら日本盤にボーナスリミックストラックを 2曲収録していても売れないだろうなぁ、と他人事ながら担当者がかわいそうになる(12月24日15時のランキングです)。amazon.co.jp での値段がほとんど同じだけに CCCD よりも通常の CD の方が求められている、ってことでしょうか・・・もっともこの場合はアメリカ盤が 1ヶ月も早くリリースされているという事情が大きく作用しているんでしょうけど。結構話題作ですし。

ちなみにこの作品、HMV.co.jp でも通常 CD を取り扱っている わけですが 日本盤(CCCD) が 1,980円なのに対して通常 CD のアメリカ盤とイギリス盤には 2,879円という値付けがされているんですよね。しかし、CCCD 仕様の EU 盤は 1,699円。なんかもうここまで消費者の足元見るか?っていう姿勢には怒りを通り越してあきれてしまいます。

大手レコード会社の所属アーティストになるとディストリビュートを担当している日本のレコード会社が小売店には日本盤輸入盤に関わらず CCCD しか売らせないように圧力をかけているということらしいので、大手チェーン店の店頭には CCCD しかない状況らしいです。HMV では BEATLES の 「Let it Be... Naked」 は イギリス盤通常 CD を店頭でも販売していましたが、これはかなりの特例だと思われます。[ 追記 : 書いた後で「ホントに売ってたっけ?」ってちょっと不安になりました。渋谷の HMV で手に取って確認した記憶があるのだけど、あれは夢だったかも・・・? ]

CD でリリースされているタイトルは amazon.co.jp で買うのが一番でしょうね。安いですし。

しかし、Kelis のアルバムが通常 CD でリリースされたということは 来年 3月発売予定の N*E*R*D のセカンドアルバムもアメリカ盤は通常 CD と期待してもいいのかな。だとするとかなりうれしい。

参考リンク
- Kenta's...Nothing But Pop! 2003.7.22

|

« 生涯 CCCD 童貞宣言 | Main | DREAM THEATER レア mp3 ファイル放出中 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1570/46813

Listed below are links to weblogs that reference CD と CCCD の価格差?:

« 生涯 CCCD 童貞宣言 | Main | DREAM THEATER レア mp3 ファイル放出中 »