« Google 検索窓を設置する その 6 サブディレクトリ対応バージョン | Main | INCUBUS 「Make Yourself」 »

2004.02.04

Google 検索窓 関連記事へのトラックバックについてのお知らせ

ども。毎度お世話になってます。いかんともしがたいです。2ヶ月前に紹介したサイドバーに Google 検索窓を設置する方法 がみなさんのお役に立っているようでうれしく思っています。たまたまのぞいたサイトで検索窓を発見してニヤリとしたり、トラックバックでの反応にフフッと笑みがこぼれたり、とても反応が大きいのを実感して 「息の長い記事になったなぁ」 と我ながら驚いているところです。

さて、トラックバックをいただけるのは大変ありがたく光栄に思うところではありますが、トラックバック元に行ってみても 「いかんともしがたいを参考に検索窓を設置しました」 的なコメントのみの場合が多く、イマイチ発展性に欠けるというかトラックバック本来の有益な使い方ではないと感じるモノが多いと感じています。

すいません。生意気なことを言っているのは百も承知です。

しかし、このままではいつになってもトラックバックがなくならないので Google 関係の記事に限りトラックバックを受け付けないようにします。たぶん今月中(2004年2月)に。コメントはいまのところ受け付けつづける予定です。

リンク・コメント・トラックバック・引用・転載 は自由!と謳っておきながらこのような措置を取ることをご了承ください。お詫びといってはなんですが、検索窓を設置する その 6 サブディレクトリ対応バージョン という記事を追加しました。文字通り独自ドメインではなくサブディレクトリで運営しているサイトでも Google を使ったサイト内検索を可能にする検索窓の紹介です。@homepage とかでサイトをやっている人には有用だと思います。

トラックバックの件ではこちらの勝手な都合で大変申し訳なく思っています。これからも いかんともしがたい をよろしくお願いします。

いかんともしがたい MEMO INDEX

// 追記 2004.02.05 //
今回の記事を発端にトラックバックについて むいむい星人の寝言 の しののめ さんと貴重なやり取りを経験しました。Google 検索窓を設置する その 6 のコメント欄 にも書きましたが、すべてのトラックバックを否定しているわけではありません。あくまでも Google 検索窓関係ではあまりにも多くのトラックバックを頂いているので、これからのことを考えて停止するという処置に至ることになっただけです。ほかの記事では普通にトラックバックを受け付けているので、気軽にリンク・コメント・トラックバック・引用・転載をしてください!

|

« Google 検索窓を設置する その 6 サブディレクトリ対応バージョン | Main | INCUBUS 「Make Yourself」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1570/164990

Listed below are links to weblogs that reference Google 検索窓 関連記事へのトラックバックについてのお知らせ:

» トラックバックを受ける側の心理 [ いかんともしがたい]
トラックバックを送るということは相手に招待状を送ることではないのか、と思った。 * * * * [Read More]

Tracked on 2004.02.10 at 16:57

» TypePadにGoogle検索窓設置...でも... [duf_blog]
Everything TypePad!: Adding Google Search to your TypePad weblog ↑ここのやり方で会社のBlogに検索窓を設置してみました。 しかし、うまく動作しません...。... [Read More]

Tracked on 2004.06.18 at 23:56

» ブログ内検索にGoogleを使うように設定してみた。 [黄昏の屋上]
 サイドバーのBlog内検索を、Googleを使った検索に変えてみた。 livedoorBlogだと、デフォルトでブログ内検索が用意されている。[プラグインの追加]→[基本プラグイン]→[ブログ検索]で、自分のブログ内に検索フォームを付けることができるんだよね。 けど、この検索エ....... [Read More]

Tracked on 2006.03.15 at 16:26

« Google 検索窓を設置する その 6 サブディレクトリ対応バージョン | Main | INCUBUS 「Make Yourself」 »