« スパムトラックバックを削除 | Main | CD の適正価格 韓国の場合 »

2004.02.02

第四回 焚き火会 イベントレポート

2004年 1月31日に新宿ロフトのバースペースにて開催されたオールナイトイベント 焚き火会。フラッと見てきたんだけど、かなり良かったので軽くレポートなどを。

焚き火会というのは インザスープ草場 (Ba) と 吉田 (Ds) が主宰している 「キャンプで焚き火を囲んでアコギをかき鳴らすイメージをそのまま東京のど真ん中でやってしまおう」 というコンセプトのイベントです。彼らも 2人で ネバディロ・ブランコ というユニットをやっていて、ギターやジャンベを操っています。

今回の出演者は 4組。例によってイベント開始時に出演者がみんな出てきてくじ引きで演奏順を決定。

 1. 南 謙一宙ブラリ
 2. ネバディロ・ブランコインザスープ
 3. ノーボトム底抜け AIR-LINE
 4. うつみようこ奥野真哉SOUL FLOWER UNION

一番手の 南 謙一 は第一回以来 2度目の出演・・・しかし前回も飛び入りでセッションしてたような気が。しわがれた歌声とテンションの高さで盛り上がった。宙ブラリ 用に作ったできたばかりだという曲も披露していました。

ネバディロ・ブランコ は 2人とも座って演奏。主催者のくせにいつも演奏時間をオーバーしている。それだけ楽しいということなのだろう。この日は インザスープ の残りの 2人も観にきていて、途中 中尾諭介 が登場して 1分くらい即興でセッション。「おっぱい」 という謎の言葉をのこしてステージを後にした。

ノーボトム底抜け AIR-LINE の 2人が結成したデジタルロックユニット。お笑い出身だけあって 「ジュリアナ東京音頭」 とか 「じょんがら武士」 といったタイトルの曲が並ぶ。シーケンスにあわせて歌うカラオケユニットなわけだが、サイドボーカルのオンナノコがかわいかったのだけが印象に残っている。

そして個人的に一番期待していた うつみようこ & 奥野真哉。アナウンスにはなかったけどエレキギターで 竹安堅一フラワーカンパニーズ) が参加してました。奥野 の趣味だという トム・ウェイツ のカヴァーをしんみりやったり うつみようこ& YokoLoco Band の曲をロックに演奏。やっぱ歌うまいね、このひと。あと、「クロスブリード・パーク」 を聴いて以来ずーっとファンだったのでおもわず握手を求めてみたり。

予定通りひとまずこれで終了なんだけど、実はこれからが焚き火会のすごいところ。出演者によるセッションタイムです。しかも今回は 南 謙一 X ネバディロ・ブランコノーボトム X うつみようこ & 奥野真哉 で一曲作る!という企画。

最初に登場したのは 南 謙一 X ネバディロ・ブランコ というか 宙ブラリ X インザスープ 組。
 南 謙一(Vo)
 原田真悟(Ba)
 草場敬普(Vo)
 吉田慎一郎(Ds)
 八谷健太郎(Gu)

実は上に書いた 中尾 の 「おっぱい」 はこのコラボレーションへのお題だったのだ。グランジチックなリフに 「おっぱい・すっぱい・たきびかーい」 と連呼する 草場。それに掛け合いで応酬する夜明け前ナチュラルハイな観客。今までと違うバンドサウンドに身を任せて 5分ほどで終了。そして次に出てきたのはミスマッチの極地とも言うべき ノーボトム X うつみようこ & 奥野真哉 組。底抜け AIR-LINE の 2人がボーカルを担当していたがこれだけのメンツをバックに従えて歌うなんてなんて贅沢!曲はシンプルなスリーコードのロックンロール。ボーカルはあまりロックなれしていないようだったけど、演奏がバッチリ決まっているから盛り上がる盛り上がる。こっちは特にお題はなかったけどやっぱり 「たきびかーい」 と連呼してました。

 うつみようこ(Ba)
 奥野真哉(Key)
 竹安堅一(Gu)
 ????(Ds)
 底抜け AIR-LINE(Vo)

このときのドラムは YokoLoco Band の人らしいのだけど、だとすると クハラカズユキ だったのか?(← THEE MICHELLE GUN ELEPHANT はまったくといっていいほど知らないので確認できなかった・・・無念。情報求。) ← クハラカズユキ で確定でした。

セッション企画も無事終わってイベント終了。さぁ帰って寝ようとしているときに主宰の 吉田 がステージ上でいきなり即興で歌い始めた。しかも伴奏は観客の手拍子のみ!そしてすべて終了したはずなのにそれに誘われて楽屋から出てくる出演陣!あっというまにまたもや次々と作り出されていく焚き火会のテーマ即興バンドで演奏し始めた!しかも うつみようこ がドラムを叩いている!南 謙一 は客席のど真ん中一番前で一緒に騒いでいるし!

なんかね、この一連の流れが焚き火会の醍醐味なんだなぁ、とイベントの懐の深さを確認できた瞬間でした。これだけ贅沢なものを観れて 1000円は安すぎる。前回前々回とほぼソールドアウトだったにもかかわらず、今回は 6割程度の入りだったのがビックリ。だって出演者には うつみようこ&奥野真哉 がいたんだよ!?第5回の開催はまだ未定だけど、チェックする価値は十分にあると思います。

- 焚き火会 / ネバディロ・ブランコ
- 宙ブラリ
- うつみようこ
- SOUL FLOWER UNION
- ノーボトム
- インザスープ

おまけ。
3月31日にリリースされる 長渕剛 トリビュートインザスープ中尾諭介 が参加することが決定。「マイセルフ」 をやるそうです。でも、このトリビュート、CCCD なんだよね。買えねぇよ!

|

« スパムトラックバックを削除 | Main | CD の適正価格 韓国の場合 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1570/157805

Listed below are links to weblogs that reference 第四回 焚き火会 イベントレポート:

« スパムトラックバックを削除 | Main | CD の適正価格 韓国の場合 »