« 輸入権: 日本のレコード会社の共同声明 | Main | いまいちどCCCDの実態を考える »

2004.05.08

アナログコピーも禁止なDarknoiseはどこに行った?

今年 2月に アナログコピーさえ防止できる、画期的なCD複製防止技術 [ CNETJapan ] というニュースが話題になった。パソコンを使ったデジタルコピーだけでなく、スピーカーから出てくる音さえもコピーできなくするという画期的な技術だった。これはプレスされる CD に人間の可聴領域外のシグナルを混入して、普通に再生するには問題ないけれど、違法にコピーした物を再生しようとするとノイズが乗ってくるというもの。

このニュースが出てきたとき多くの人が話題にしたけど、あれから 3ヶ月、すでに過去の話題として忘れ去られているようです。個人的に気になっていたので DarknoiseTechnologies.com にアクセスしてみたんですけど繋がらない。実は 1ヶ月ほど前にも久しぶりにアクセスしたらそのときからすでに繋がらなくなっていました。

いままではこの Darknoise Technologies 社にばかり注目がいっていたんですが、今回この会社を買収したという SunnComm Technologies 社について調べてみるとこの SunnComm 社、Shift キーを押すだけで回避できるというあのマヌケなコピーガードをリリースした会社だったんですね。

 「指一本でいける」:音楽CDのコピーガード機能解除方法、米で発表
 CDコピーガード外しの学生、訴訟はなし-- メーカー側、態度を一転

2月の買収発表以来 プレスリリースセクション にも Darknoise Technologies の話題も特にないですし、あのコピーガード技術はいったいどうなったんでしょうかね。

関連記事@いかんともしがたい
- CD からのアナログコピーも禁止?!
- 続・CD からのアナログコピーも禁止?!

|

« 輸入権: 日本のレコード会社の共同声明 | Main | いまいちどCCCDの実態を考える »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1570/559847

Listed below are links to weblogs that reference アナログコピーも禁止なDarknoiseはどこに行った?:

« 輸入権: 日本のレコード会社の共同声明 | Main | いまいちどCCCDの実態を考える »