« 米ワーナー・ミュージックもCD価格を引き下げ | Main | KoRn 秋にベスト盤リリース »

2004.05.13

輸入権:還流防止から洋楽輸入禁止への流れ

アジアで生産される安価な邦楽 CD の日本への還流を防止するために作られると言われていた 「レコード輸入権」 だが、いつのまにか洋楽の輸入盤さえも規制できる内容に著作権法が改正されようとしている。ここにきてシンポジウムが開催されたり、音楽関係者が反対の声明を出したりと著作権法改正に対する反対意見が出てきたが、いまさらそのような事をしても遅いという声があることも確か。では、なぜいままでこの問題はスルーされてきたのか?時間軸に沿って 「輸入権」 の問題がいかに変化してきたかを見ていきます。

ニュース記事は今でも読めるものを選んでありますが、いつまでリンクが生きているかは保証できません・・・・・・。

* * * * * * * * * * * * *

2001年10月24日
  - 音楽文化振興議員懇談会総会開催される [ RIJA ]

コメント欄にして Chico さんに教えていただいた 日本レコード協会 の 2001年10月のプレスリリース。この時期にすでに 「海外で生産された日本のレコードの還流をコントロールできる輸入権」 について言及されている。

2003年02月26日
  - 邦楽CDに輸入権、海外製格安品の流通防げ 経産省が導入検討 [ yomiuri.co.jp ]

今回検索した中で大手ニュースサイトの中でもっとも古い輸入権のニュース。当初は 2004年度の施行を目指していた。

2003年12月19日
  - 輸入盤を「非合法化」する著作権法改正 [ japan.cnet.com ]

昨年末に発表された 池田信夫 氏のコラム。この時点で洋楽輸入盤の輸入規制についてもかかれているが、輸入権はアジアからの還流邦楽 CD/CCCD の問題だと思っていた人も多かったのでは? ←わたしもそうでした。

2004年01月16日
  - CD逆輸入 音楽業界、安値に悲鳴 [ japan.cnet.com ]
  - Jポップ続々韓国上陸 [ yomiuri.co.jp ]

yomiuri.co.jp はこの頃から頻繁に輸入権や CCCD についての記事をアップしてくるようになった。1ヶ月ほど前に上記の池田氏のコラムがあったが、記事に書かれているのは還流 CD/CCCD についてのみ。

2004年02月04日
  - 逆輸入防止法制化なら「CD値下げに努力」 音楽8団体 [ sankei.co.jp ]

日本レコード協会の依田巽会長が 「還流を防ぎ、日本の消費者にも安くCDを提供したい」 と語った記事。洋楽の輸入盤については一切触れていない。

2004年02月16日
  - 音楽CDの逆輸入、5年間禁止 [ nikkei.co.jp ]
2004年02月17日
  - 邦楽CDの逆輸入禁止 [ yomiuri.co.jp ]
2004年03月08日
  - 安い逆輸入音楽CDが消える [ yomiuri.co.jp ]

2002年の海外生産邦楽 CD/CCCD の 15% にあたる 68万枚が日本に還流しているとして、2012年には 1265万枚が日本に流れてくると推測している。2012年の海外生産枚数は 7000万枚以上がアジアで生産されているらしいが果たしてそこまで邦楽市場が育つのか?ちなみに現在日本国内で生産されている邦楽 CD/CCCD は 1億7000万枚で、この数字は 4年連続で減少している。

2004年02月25日
  - 著作権法改正についての論点整理(その1) [ IT@RIETI ]
2004年02月03日
  - 著作権法改正についての論点整理(その2) [ IT@RIETI ]
2004年03月06日
  - 著作権法改正に関する論点整理(2) [ バーチャルネット法律娘 真紀奈17歳 ]

この真紀奈さんの記事はさっき初めて読んだのですが、この時期に 「洋楽の並行輸入盤も禁止可能」 と指摘しています。また、「輸入権の論議の時、最初から最後に至るまで洋楽の輸入盤については対象にするつもりはなかった」 という興味深い話も書かれていますね。

2004年03月14日
  - レコード輸入権の条文案の検討 [ benli ]
2004年03月19日
  - レコード輸入権の条文案の検討 [ 音楽配信メモ ]

輸入権について積極的に動いている 小倉秀夫 弁護士が 著作権法改正案 について 「やはり本能寺は洋楽CDの並行輸入にあった」 と指摘。これをうけての 音楽配信メモ の 津田 氏もわかりやすく解説をしている。ネットを通じでこの小倉氏の記事を読んだ音楽リスナーに衝撃が走り、いろんな不安の声が聞こえてきた時期だった。

2004年03月16日
  - 大手町博士のゼミナール 逆輸入CD [ yomiuri.co.jp ]
  - 逆輸入CD、日本の音楽産業に打撃 [ yomiuri.co.jp ]

ブログ界隈をはじめネットではすでに 「洋楽輸入盤 CD の規制」 を危惧する声が高まっている中、輸入権についてのニュースを書いてきた読売新聞ですらこの時期になっても 「輸入権は逆輸入CDの問題」 としてしか捉えておらず、大手メディアにこの問題の本質が伝わっていないことが明らかに。

2004年03月22日
  - 例の輸入権の「商業用レコード」の定義と法律の適用範囲が衆議院で質問 [ OTO-NETA ]

31日に行われる著作権法改正案の国会答弁の中に書かれている 「商業用レコード」 の定義と法律の適用範囲についての質問がされている、と書かれている。

2004年03月23日
  - 「逆輸入CD」禁止で洋楽海外盤も消える? [ yomiuri.co.jp ]

ここにきて読売新聞もようやく本質に気がつき始めた。しかしまだ疑問符つき。しかし、文化庁の吉川晃著作権課長は 「法改正が成立すれば、国外のレコード会社も、日本への輸入を禁止しようと思えばできる」 と認めている。

2004年03月31日
  - [【特設】「音楽障壁」問題] それが答えだ! [ The Trembling of a Leaf ]
  - CCCD衆議院での質問の答弁結果 [ OTO-NETA ]

著作権法改正案の国会答弁の内容。日本盤が発売されると輸入盤は販売できなくなるということで、OTO-NETA さんがまとめているように最悪の回答。

2004年04月04日
  - 海外盤CD輸入禁止に反対する
2004年04月08日
  - 海外盤CD輸入禁止に反対するBLOG

ブログを中心にリスナーが輸入権に反対の意思表明を続々と開始。

2004年04月21日
  - 輸入権:著作権法改正案が参議院通過

賛成 191 : 反対 0 で 参議院を通過

2004年04月27日
  - 選択肢を保護しよう!! 著作権法改正でCDの輸入が規制される? 実態を知るためのシンポジウム [ MEMORY LAB ]
2004年05月04日
  - 新宿ロフトプラスワンにてシンポジウム開催
  - 輸入盤CD規制に関するシンポジウムのメモ
  - CD輸入権問題シンポジウム関連リンク [ テレビ見ようよ!(仮) ]
  - 音声ファイルと動画ファイルの配布ページ [ 音楽配信メモ ]
  - これが [ MEMORY LAB ]
2004年05月06日
  - ビックリしました [ MEMORY LAB ]

シンポジウムには定員 180人といわれる場所に 300人、ネットラジオでも 400人を越す視聴者が参加しました。詳しいことは CD輸入権問題シンポジウム関連リンク で網羅されています。

2004年05月07日
  - 日本の洋楽ファンの皆様へ [ 日本レコード協会 ]

この声明文にかんする音楽ファンの声は こちらから検索 できます。

2004年05月11日
  - 私たち音楽関係者は、著作権法改定による輸入CD規制に反対します
  - 切り捨てられるアジア音楽ファン【音楽関係者にまで裏切られた!?】 [ 絵文録ことのは ]

ついに音楽関係者が連盟で反対表明を出しました。これについては 絵文録ことのは の松永氏が 「アジアからの CD も守るべき」 と主張していますが、まとめ役のひとりである 高橋健太郎 氏は 時間ないけれど、一言だけ というエントリーで今回の声明に至った経緯と声明を変更する事がないことを書いています。

* * * * * * * * * * * * *

以上がこの半年の主な流れです。抜けているのもあると思いますが、だいたいこれで掴めるはずです。2ちゃんねるは見ないのでわかんないですけど、もっとスルドイ意見とかあるのかもしれません。

見てもらえればわかるように、3月中旬を境に 「アジアからの還流 CD/CCCD の規制」 から 「洋楽輸入盤も規制」 という風に論点が変わってきています。これはシンポジウムで高橋氏やピーター・バラカン氏が言っていたように今回の改正案制定に向けて躍起になっている人たちが 「気付かれないうちに洋楽輸入盤も規制しちゃえ!」 って裏でことを進めてきたからなんでしょうね、きっと。

輸入権についてもっと詳しく知りたい方は 音楽配信メモ さんの 2月5日の 輸入権に関するリンク集 もご覧下さい。

コメント欄で kojyo さんが書かれていますが、公正取引委員会委員だった 本間忠良 氏がホームページ上で発表したエッセイ 「ネット音楽とアナルコ・キャピタリズム」 のなかの 6.2.CD輸入権--情報鎖国への道 も必読。

このまま改正案が衆議院も通過すれば 2005年1月1日から 輸入権 が施行されますよ。

|

« 米ワーナー・ミュージックもCD価格を引き下げ | Main | KoRn 秋にベスト盤リリース »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1570/583386

Listed below are links to weblogs that reference 輸入権:還流防止から洋楽輸入禁止への流れ:

» 著作権法改定による輸入CD規制 [あそびをせんとやうまれけむ]
昨年末の 「rickdom: アジア盤関係」→「owner's log by Kentaro Takahashi:時間ないけれど、一言だけ」→「私たち音楽関係 [Read More]

Tracked on 2004.05.13 at 09:57

» 萌えクリ プレビュー 特別編〜レコード輸入権ってなに?〜 [FlowerLounge]
レコード輸入権について、萌えながら理解しよう! [Read More]

Tracked on 2004.05.14 at 17:44

» 洋盤輸入禁止への流れ [K's Diary @ cocolog]
「輸入権:還流防止から洋楽輸入禁止への流れ」 だいたいこんな感じで流れてきている [Read More]

Tracked on 2004.05.27 at 22:22

« 米ワーナー・ミュージックもCD価格を引き下げ | Main | KoRn 秋にベスト盤リリース »