« アナログコピーも禁止なDarknoiseはどこに行った? | Main | 音楽関係者が著作権法改定による輸入CD規制に反対の声明を »

2004.05.09

いまいちどCCCDの実態を考える

シリーズ : CCCD に声を出して反対しよう

4. いまいちどCCCDの実態を考える

CD-DA ( コンパクト・ディスク・デジタル・オーディオ )

  • いわゆる普通の CD。

  • よく 「レッドブックうんぬん」 といわれるのは、 1981年に規定された仕様書の表紙の色が赤かったことから。

  • CD-DA は 符号化周波数 44.1kHz で 量子化ビット数 16bit の音声を 74分間収録できる(その後 80分くらいまで収録できるようになった)。

  • 難しく考えなくても CD は 74分の音楽が入る、ということ。

  • この 74分というのはカラヤンが 「第九」 を途切れることなく収録するために提案したというのが通説。しかし The Web KANZAKICDが74分なのは を読む限り真実は微妙に違うようだ。

  • CD の盤面やアルバムの裏ジャケットに CD-DA のマーク が入っていればちゃんとした CD なので安心して買うことができる。


CD Extra ( CD エクストラ )

  • 1996年に規定され、仕様書の表紙の色から 「ブルーブック」 といわれる。

  • Enhanced CD ( エンハンスド CD ) と記述されることも多い。

  • 音楽 CD の後ろにビデオクリップ映像や WEB サイトへのリンクなどのコンピュータ用のデータを収録したディスクのこと。むかしは CD Plus といったらしいが商標の問題でいまは CD Extra に落ち着いた。

  • 音楽 CD というよりはコンピュータデータ用規格の CD-ROM に分類されるらしいが、CD プレイヤーに入れると通常の CD として再生される。


CCCD ( コピーコントロール CD )

  • CD の音声に故意にノイズデータを入れてパソコンなどを使ってコピーできなくしたディスクのこと。

  • しかし再生するドライブさえ合えば簡単にプロテクトは破られてコピーできる。

  • 現在主流となっている CDS200 という技術はイスラエルの MidbarTech 社で、このコピープロテクトを使用した日本の CCCD が一枚売れるたびに定価の 0.4% がライセンス料として支払われる。3000円の CCCD の場合 12円。

  • レッドブックの仕様書に準拠していないため、CCCD を再生できないオーディオ CD プレイヤーがある。

  • しかもメーカーも再生保証を放棄している。CCCD を購入したユーザーの環境で再生できなくても全てはユーザーの自己責任である。

  • というか CCCD を再生させるとプレイヤーに過度の負荷がかかるために プレイヤーの寿命が縮む といわれている。

  • そもそも規定された規格がないのでオーディオメーカーも対応プレイヤーを作れない。

  • でも、開発元の MidbarTech 社が CDS を再生できるプレイヤーのライセンスを販売しているらしい。

  • その MidbarTech 社 は 2002年11月に DVD のコピーガードで知られるアメリカのマクロビジョン社に 買収された

  • CCCD はレッドブックに準拠していないためコピーコントロール CD の CD は コンパクトディスクの略ではない

  • 欧米では Copy Protected CD と呼ばれている。

  • 日本では英語表記を Copy Control CD としているが正確には Copy Controlled CD とするのが正しいと思う。

  • SME は現在 レーベルゲート CD2 (LGCD2) という名称で原則的に全タイトルで CCCD をリリースしている。

  • レコード会社が言うには 「アーティストの権利を守るため」 に導入してるが、音質劣化などの理由から CCCD に反対しているアーティストも多い

  • レコード会社が言うには 「デジタルコピーを防ぐため」 に 2002年から導入したが、それから音楽ソフトの売上が伸びたという話は聞いたことがない。

  • レコード会社が言うには 「デジタルコピーを防ぐため」 に導入されているわけだが、これって全てのリスナーを 「楽曲をコピーする犯罪者」 として捉えているからである。

参考リンク
- CD規格 [ IT用語辞典 e-Words ]
- CCCDを再生したことでオーディオ機器に生じたトラブル [ 音楽配信メモ ]
- CD 20年の歴史 [ いかんともしがたい ]
- だから CCCD と CD はまったくの別物なんだって! [ いかんともしがたい ]
- Refuse CCCD INDEX [ いかんともしがたい ]

|

« アナログコピーも禁止なDarknoiseはどこに行った? | Main | 音楽関係者が著作権法改定による輸入CD規制に反対の声明を »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1570/562643

Listed below are links to weblogs that reference いまいちどCCCDの実態を考える:

« アナログコピーも禁止なDarknoiseはどこに行った? | Main | 音楽関係者が著作権法改定による輸入CD規制に反対の声明を »