« ニック・メンザが再結成MEGADETHに参加 | Main | THE NETWORK:US盤1687円、日本盤6510円から予測する未来 »

2004.07.07

RED HOT CHILI PEPPERS ファーストライブアルバム

RED HOT CHILI PEPPERS 「Live in Hyde Park」2CD (2004)今月 24-25日に横浜と大阪で開催される THE ROCK ODYSSEY 2004 で来日し、矢沢永吉 の前座を務めることになった RED HOT CHILI PEPPERS が20年のキャリアで初めてのライブアルバム 「Live in Hyde Park」 をリリースします。アルバムは 7月26日にヨーロッパで先行リリースされ、日本・オーストラリア・ニュージーランドでは 8月2日にリリースされます(8月18日説もあり)。ちなみになぜかアメリカでは発売されないことになってます。

収録されているのは 2004年6月19, 20, 25日にロンドンのハイドパークで開催された公演から下記の 27トラック。

RED HOT CHILI PEPPERS 「Live in Hyde Park」
CD 1
 01. Intro
 02. Can’t Stop
 03. Around the World
 04. Scar Tissue
 05. By The Way
 06. Fortune Faded
 07. I Feel Love (ドナ・サマーのカヴァー)
 08. Otherside
 09. Easily
 10. Universally Speaking
 11. Get On Top
 12. Brandy (Looking Glass のカヴァー)
 13. Don't Forget Me
 14. Rolling Sly Stone (未発表曲)
CD 2
 15. Throw Away Your Television
 16. Leverage of Space (未発表曲)
 17. Purple Stain
 18. The Zephyr Song
 19. Mini-Epic (未発表曲)
 20. Californication
 21. Right on Time
 22. Parallel Universe
 23. Drum Homage Medley
 24. Under the Bridge
 25. Black Cross (45 Grave のカヴァー)
 26. Flea’s Trumpet Treated by John
 27. Give it Away

カヴァー 3曲に未発表曲 3曲とファンも納得の選曲ではないでしょうか?そしてブックレットにはライブ写真が満載とのことなのでそちらも楽しめそうです。バンドは THE ROCK ODYSSEY 2004 とボストンでのベネフィットショーに参加したあとはニューアルバムのための曲作りに入るようです。

去年は DVD 付きのベスト盤 「Greatest Hits & Videos」 といった企画盤や ライブ DVD 「Live at Slane Castle」 を、2001年末にもライブ DVD 「Off the Map」 といったライブ作品を頻繁にリリースしてきているので、素直に 「うれしい!」 というよりは 「どうしちゃたの?」 というのが正直な感想です。なんだかんだ言っても結局買っちゃうわけですけどね。

叶わぬ願いなのはわかっているんだけど デイブ・ナヴァロ 時代のライブを出して欲しい。やはり 「One Hot Minut」 は傑作ですよ。このアルバムからの曲がいまでは "Pea" しか聴けないなんて悲しすぎる。

- RED HOT CHILI PEPPERS オフィシャル
- Waner Music Japan オフィシャル
- Chili Peppers Ready First Live Album [ Billboard.com ]

|

« ニック・メンザが再結成MEGADETHに参加 | Main | THE NETWORK:US盤1687円、日本盤6510円から予測する未来 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1570/916463

Listed below are links to weblogs that reference RED HOT CHILI PEPPERS ファーストライブアルバム:

« ニック・メンザが再結成MEGADETHに参加 | Main | THE NETWORK:US盤1687円、日本盤6510円から予測する未来 »