« RED HOT CHILI PEPPERS ファーストライブアルバム | Main | NO DOUBT 解散間近? »

2004.07.07

THE NETWORK:US盤1687円、日本盤6510円から予測する未来

THE NETWORK 「Money Money 2020」(2003)GREEN DAY のフロントマン ビリー・ジョー とドラマーの トレ・クール の覆面バンドだともっぱらのウワサの THE NETWORK が昨年 9月にリリースしたデビューアルバム 「Money Money 2020」 が本国から一年遅れで 9月15日にようやく日本盤化されます。このアルバムは ビリー・ジョー の立ち上げたレーベル Adeline Records から CD+DVD の 2枚組でリリースされ、ニューウェーブポップパンクとしてそこそこ売れている様子。しかし ビリー・ジョー はバンドとの関連を完全に否定している。

このデビューアルバム、Adeline Records のオンラインショップでは 12.75ドルで販売されているし、amazon.co.jp でも現時点で 1687円という値段になっている。CD と DVD の 2枚組でこの値段なのでお買い得感はかなりのもの。

しかしそれが今回日本盤がリリースされるにあたり CD と DVD がそれぞれ単品商品に変更されることになり、定価も CD が 2520円、DVD が 3990円、つまり両方合わせると 6510円という US 盤の 3.8倍もの価格が付けられている。それぞれにボーナストラック、ボーナス映像が収録されているとはいえあまりの差額にはおどろいてしまう。なんせ日本盤の単品 CD に比べれば US 盤の CD+DVD が 三分の二程度で買えてしまうのだから。

こんな売り方をするワーナーミュージックジャパンの神経を疑うが、これってひょっとして来年 1月にレコード輸入権が施行されたら 1687円の US 盤を手に入れることが難しくなるのだろうか?輸入権施行後すぐに輸入盤がなくなるとは考え難いけど、今回の日本盤化にともない日本のレコード会社がインディーズレーベルである Adeline Records に 「No Export to Japan」 (「日本への輸出禁止」) を申し入れることだってできるんだろう。そしてそれが通ってしまうかもしれない。こういう後出しジャンケンってありなのか?

今回は CD+DVD という形態だからわかりやすいけど、このままじゃぁ将来こんなことになるんじゃないだろうか。

  • US 盤 2枚組 2000円のアルバムが日本盤では 2枚別売り(もちろん各2520円)

  • 紙ジャケタイトルはレコードを再現するために A 面と B 面が別々の盤(つまり2枚組でお値段 UP )

  • しかも日本盤のみ CCCD
さすがにこんな暴挙は本国のレコード会社もアーティストも許さないとは思いますが、この一件だけを見てみると可能性は決してゼロではない気がするのはわたしだけ?

あと数年後にはこんなジャイアニズムが通用する世の中になっているのかもしれないね。

関連リンク
- グリーン・デイとも縁深い? “THE NETWORK”が日本盤化!
- 海外のCD通販サイトで「NOT EXPORTABLE TO JAPAN」表示のCDが販売され始めている [ 音楽配信メモ ]
- Adeline Records

|

« RED HOT CHILI PEPPERS ファーストライブアルバム | Main | NO DOUBT 解散間近? »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1570/917223

Listed below are links to weblogs that reference THE NETWORK:US盤1687円、日本盤6510円から予測する未来:

» 空前絶後の暴挙 [EPISODE 666 -The 2nd Chapter-]
いかんともしがたいさん経由でCDJournal.comより。GREEN DAYの覆面バンドという噂のTHE NETWORKの日本盤がこんなことになるとは、ありえ... [Read More]

Tracked on 2004.07.07 at 21:33

» 何かが間違っている… [what's my scene?]
日本のレコード会社の担当者は、商品を買う立場にある消費者のこと&#... [Read More]

Tracked on 2004.07.08 at 00:02

« RED HOT CHILI PEPPERS ファーストライブアルバム | Main | NO DOUBT 解散間近? »