« KoRn:ベストアルバムの収録曲発表 | Main | GODSMACK ライブ DVD リリース »

2004.08.11

クレヨン社 「地球のうた」

実家から持って帰ってきた クレヨン社「地球のうた」(1989) を 10年ぶりに聴いた。クレヨン社といってもいったいどれほどのひとが知っているのだろうか?わたしも持っているアルバムはこの一枚だけなので詳しくは知らないのだけど、当時中学生だったわたしにとって 3000円の CD を買うことはとてつもない冒険で、そうして買ったアルバムは何回何十回も聴き込んでいたので、10年ぶりに聴いてみてもどことなく身体が曲を覚えていてうれしくなった。

クレヨン社 「地球のうた」 (1989 / NEC Avenue)
 01. 地球のうた
 02. 少年の時間
 03. やさしい雨
 04. Broken Heart
 05. 金木犀
 06. かぼちゃの馬車
 07. 絵のない絵本 ―サーカスの光と影―
 08. 紅い国境
 09. 砂の迷路
 10. エピローグ ―地球のうた―

当時は自分の年齢のせいもあるだろうけど "少年の時間" や "Broken Heart" といったアップテンポで思春期の少年少女達の心境を歌った楽曲に惹かれていた。しかしいま歳を重ねてもう一度聴いてみると "地球のうた" や "紅い国境" といったスロウでもっと物事を俯瞰的に捉えているもののほうがしっくりくる。アルバム全体を通してみてもお世辞にも良いとはいえないサウンドプロダクションだけど、"地球のうた" はいま聴いても古い感じがしない。そしてなぜか 奥井亜紀 の "月の繭" (「∀ガンダム」の ED 曲)と印象がダブる。

クレヨン社のアルバムは全て廃盤なんですが、music.co.jp で楽曲の配信が行われているようです (現在 7曲)。
クレヨン社 検索結果

インタビューとかも読んだことがなく、CD のブックレットにもアーティスト写真がなく、クレヨン社との接点はまさに楽曲のみ。その楽曲にしてもシングル発売された数曲を除いては比較的地味なものが多い。逆にいえばそういう見た目とか時代に流されない良質の音楽をきちんと作っていたということだろう。

このあと音楽の嗜好が HR/HM にシフトしていったためにクレヨン社は興味の範疇から大きく外れてしまい、その活動がどうなったのかはしらないままで、おそらく売れることなく解散しているんだろうなぁと失礼なことを考えつつ検索してみたらまだ活動中というではないですか!オフィシャルサイト のタイトル欄には 「クレヨン社ってまだいたの?」 って自虐的な文字が。

サイトの中には当時知ることができなかった情報がたくさん載っていて思わず読みふけてしまった。なかでもヴォーカルの 柳沼さんへの 50の質問 がおもしろい。

27 クレヨン社デビュー当時、一番苦労したことは?

あの頃は、男女二人組というと必ず「デュオ」と呼ばれてしまい、まだあまり「ユニット」という呼び方が使われていなかった為、「ユニット」という言葉の説明にまず苦労した。
「ユニットっていうのは、役割が違うもの同士の組み合わせで、サウンドプロデュース、プログラミング、演奏が加藤秀樹、作詞作曲ヴォーカルが私…、分かりやすく例えるなら、ユニットバスのユニットで、浴槽が加藤、便器が私、といったところでしょうか…」
なんていうマヌケな説明を、各キャンペーン先の取材のインタビュー、ラジオ出演などで大真面目にしていた…。
今の音楽業界で「ユニット」という言葉が浸透したのは、私の地道な啓蒙活動(?)の賜物だ!
たしかに当時は音楽ユニットという考え方が新しかったかも。

ほかにも 「社」 ってついているので、タイアップが取りにくかったとか、38 レコーディングでのつらい思い出は? という質問への回答もレコード会社側のいやらしい側面がかかれていて興味深い。それはさておき、なんと 9月には 10年ぶりとなるニューアルバム 「誰にだって朝陽は昇る」 をリリースするとのこと。デビューアルバムにも収録されている "痛み" のニューバージョンも入っているのでオールドファンにもおすすめ。すでに予約は開始しているようで、予約特典としてポストカードがついてくるそうです。これはちょっと楽しみですね。

関連リンク
- クレヨン社オフィシャルサイト

|

« KoRn:ベストアルバムの収録曲発表 | Main | GODSMACK ライブ DVD リリース »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1570/1170332

Listed below are links to weblogs that reference クレヨン社 「地球のうた」:

» そろそろ復活? [Fight.Kick.Punch.Guard!]
怪我のほうもだいぶ回復してきたようです。 そろそろ復活しようと思います。 まあ、「予定は未定」ではありますが……。 明日から夏期休暇ということなので、これまでの... [Read More]

Tracked on 2004.08.12 at 07:10

» 「東京夜景」を聞きながら……。 [Fight.Kick.Punch.Guard!]
「ちょっと、悲しい曲だけど、あたしの大好きな曲だから」 そういいながら手渡されたシングルCD。 それが「東京夜景」だった。 その曲が、俺がはじめて聴いたクレヨン... [Read More]

Tracked on 2004.08.14 at 18:39

» クレヨン社が復活するらしい [Notes @ 3-tadpoles]
 クレヨン社は 1994 年発売のアルバム「模型風景」から活動を休止していましたが去年から復活、2004 年 9 月 4 日には 10 年ぶりのアルバム「誰にだ... [Read More]

Tracked on 2004.08.28 at 17:29

« KoRn:ベストアルバムの収録曲発表 | Main | GODSMACK ライブ DVD リリース »