« Eminem ニューシングル "Mosh" mp3 フリーダウンロード | Main | トマソン:無用扉発見 »

2004.11.05

SNOT 「Get Some」

1994年にカリフォルニアはサンタバーバラで結成されたミクスチャーバンド SNOT。スノットっていうのは日本語で鼻水っていうふざけたバンド名なんだけど、このバンドには人一倍思い入れがある。

結成からしばらくはメンバーが定まらなかったようだけど、1995年に解散した SOULS AT ZERO という売れないメタルバンドの後期ドラマーが参加しているというだけで購入した。その他の予備知識ゼロ。そして、1曲目のワウの効いたリフを聴いたとたんにノックアウトされた。メタル、ハードコア、ストレートエッジをミックスしたバッキングトラックにやたらと言葉数の多い、しかし Hip Pop とは一味違う Lynn Strait のヴォーカルが乗り、一枚のアルバムの中でバラエティに富んだ側面を見せている。

PANTERA 以降のトレンドとなった 「怒り」 を全面に出すバンドがありふれていた中、もちろん SNOT も怒りというエッセンスはあったが、要所要所でメロウでどことなく悲しいインストトラックを挿入したりしてそれだけにとどまらないアルバムを作り、他のバンドとは違った音楽的キャパシティーの幅の広さを見せていた。

そんなアルバムが評判を呼びついに Ozz Fest にも参戦するチャンスを手に入れた。順調にツアーを続けていく中、ヴォーカルの Lynn が事件を起こす。なんと Ozz Fest で LIMP BIZKIT の演奏中にステージに女性を引き連れて乱入してステージ上でオーラルセックスを披露し、わいせつ罪で逮捕されてしまうのだ。このときの模様は 「Strait Up」 というトリビュートアルバムのブックレットで見ることができる。

そんなこんなで 1997年5月にアルバム 「Snot」 をリリースしてから 1年間全米を回り、1998年9月には Ross Robinson プロデュースで "Absent" をレコーディング。TWISTED SISTERDee Snider 製作のホラー映画 「Strangeland」 のサントラに提供。SOULFLYdayinthelife とともにショートツアーを行った。

1998年の秋には新曲やライブトラックを収録したミニアルバム製作の話があったがいつのまにか立ち消えに。かわりにニューアルバムをコーディングすることになった。そして、スタジオに入って曲作りを開始し、ある程度曲が出来上がってきた 1998年12月11日、ヴォーカルの Lynn がジャケット写っている愛犬 Dobbs とともに交通事故で死亡。SNOT はアルバム 1枚を残して表舞台から消えたのである。

Lynn Strait とともに SNOT のオリジナルメンバーだった Mikey Doling はセカンドアルバム用に作られていた曲を豪華ゲスト陣を招いてトリビュートアルバム 「Strait Up」 として製作。Lynn の人柄や消滅した SNOT への愛情が深く感じられる内容に仕上がっている。

SNOT のメンバーの動向はずーっと追いかけているのでわかっている範囲で書き連ねておきます。興味のある人は追いかけてみるのもおもしろいかも。細かいのは抜いてあります。

Lynn Strait: SNOT → R.I.P in 1998
Mike Doling: SNOT → SOULFLY → MOTHRA → ABLOOM
Sonny Mayo: MF PITBULLS → SNOT → AMEN → FIVE-O-CLOCK → (hed)pe → 不明
Tumor: MF PITBULLS → SNOT → AMEN → MOTHRA → ABLOOM → KCUF → LO-PRO
Jamie Miller: MF PITBULLS → SOULS AT ZERO → SNOT → HERO → theSTART
Mike Smith: SNOT → limpbizkit → 不明
Shannon Larkin: WRATHCHILD AMERICA → SOULS AT ZERO → UGLY KID JOE → SNOT → AMEN → GODSMACK

MF PITBULLS というのは Shannon Larkin がヴォーカルと勤めるサイドプロジェクト。Shannon Larkin が MF PITBULLS のメンバーを SNOT に紹介して合体したと考えると分かりやすい。MF PITBULLS の結成は 1993年くらい。活動はしていないが解散もしていないはず。1997年にアルバムをレコーディングしたがお蔵入りになった。また 2001年に突如復活して LA で一回だけライブをしたのを観に行けたのはラッキー&感激でした。音源は Tumorbass.com で数曲聴くことができる。


SNOT「Get Some」(1997)
SNOT
「Get Some」
SNOT 「Get Some」 (1997)
  1. Snot

  2. Stoopid

  3. Joy Ride

  4. Box

  5. Snooze Button

  6. 313

  7. Get Some

  8. Deadfall

  9. I Jus' Lie

  10. Get Some O'Deez

  11. Unplugged

  12. Tecato

  13. Mr. Brett

  14. Get Some Keez

  15. My Balls
1997年5月リリースの唯一のアルバム。あらゆる音楽の要素がごちゃまぜになりつつも SNOT としての芯がぶれていない名盤。日本盤の解説にも書いてあるようにラストの "My Bolls" の無責任な盛り上げ方が最高。


SNOT「Alive!」(2002)
SNOT
「Alive!」
SNOT 「Alive!」 (2002)
  1. Intro

  2. Snot

  3. Joy Ride

  4. I Jus' Lie

  5. Stoopid

  6. The Box

  7. Snooze Button

  8. Absent

  9. Deadfall

  10. Get Some

  11. Tecato

  12. Choose What? (スタジオトラック)
Lynn の死から 3年7ヶ月目にリリースされたライブアルバム。Strangeland ツアーの 1998年5月9日のハリウッドにある The Palace でのライブが収められている。Sonny Mayo は AMEN に参加するためにすでにバンドを離れていたので、このライブ盤では Mike Smith がギターを弾いている。ちゃんとライブレコーディングしたのはこの日のものしかなかったらしいが、決してメンバーが納得のいく演奏ではなかったようだ。
12曲目 "Choose What?" は「Strait Up」で SYSTEM OF A DOWN の Serj が歌っている "Strait Eyes" の原曲。1998年に "Absent" を録りおえた直後に録ったスタジオライブ音源。
エンハスド使用で "Joy Ride" のライブと "Stoopid" のプロモビデオが観ることができる。


VA「The Monster Mosh」(1995)
VA
「The Monster Mosh」
VA 「The Monster Mosh」 (1995)
  1. MIND HEAVY MUSTARD - No Life

  2. POTHOLE - No Telling

  3. MALFUNCTION - Burning Whithin

  4. COAL CHAMBER - Loco

  5. HUMAN WASTE PROJECT - Shine

  6. SNOT - Stoopid

  7. MIND HEAVY MUSTARD - Chemicals

  8. MANHOLE - Roughness

  9. S.T.S - Mandown

  10. BUFFMUFFIN - Alright
1995年10月30日にハリウッドの The Roxy Theater で行われたイベントを収録したライブ盤。 Jamie Miller 加入前の音源で、James "Corn Fed" Carroll がドラムとしてクレジットされている。それなりにレア盤。


OST「Strangeland」(1998)
OST
「Strangeland」
OST 「Strangeland」 (1998)
  1. DEE SNIDER - Inconclusion

  2. SEVENDUST - Breathes

  3. MEGADETH - A Seacret Place

  4. PANTERA - Where You Come From

  5. ANTHRAX - P.N.V.

  6. SNOT - Absent

  7. dayinthelife... - Street Justice

  8. COAL CHAMBER - Not Living

  9. BILE - In League

  10. MARILYN MANSON - Sweet Tooth

  11. SOULFLY - Eye for an Eye

  12. (hed)p.e. - Serpent Boy (radio edit)

  13. KID ROCK - Fuck Off

  14. THE CLAY PEOPLE - Awake

  15. SYSTEM OF A DOWN - Marmalade

  16. NASHVILLE PUSSY - I'm the Man

  17. CRISIS - Captain Howdy

  18. TWISTED SISTER - Heroes Are Hard To Find
実質的な遺作 "Absent" を収録したサウンドトラックアルバム。この路線で作られたアルバムも聴いてみたかった。


VA「Strait Up」(2000)
VA
「Strait Up」
VA 「Strait Up」 (2000)
  1. Strait Eyes - Serj of SYSTEM OF A DOWN

  2. Take It Back - Jonathan of KORN

  3. I Know Where You're At - M.C.U.D of (hed)p.e.

  4. Catch The Soul - Max of SOULFLY

  5. Until Next Time - Jason of R.K.L

  6. Devided (An Argument For The Soul) - Brandon of INCUBUS

  7. Ozzy Speaks

  8. Angel's Son - Lajon of SEVENDUST

  9. Forever - Fred of LIMP BIZKIT

  10. Funeral Flights - Dez for COAL CHAMBER

  11. Requiem - Corey of SLIPKNOT

  12. Reaching Out - Mark of SUGAR RAY

  13. Absent - SNOT

  14. Sad Air - Lynn Strait of SNOT
ギターの Mikey とベースの Tour が中心になって製作されたトリビュートアルバム。豪華すぎる参加メンバーがそれぞれ作詞を担当し、Lynn への想いを表現している。泣ける。SNOT の "Absent" は 「Strangeland」 収録のものとは別ミックス。元 HUMAN WASTE PROJECT の Anny Echo のコーラスが入っている。


このほかにプロモ盤として Four Letter Words をカットした 3曲入りラジオサンプラー用のサンプルや、「The Box」 のリミックスシングルがある。また、MANHOLE (のちに TURA SATANA に改名) の 1995年のデビューアルバム 「All Is Not Well」 に収録されている "Down" に Lynn がゲストボーカルで参加している。

|

« Eminem ニューシングル "Mosh" mp3 フリーダウンロード | Main | トマソン:無用扉発見 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1570/1874069

Listed below are links to weblogs that reference SNOT 「Get Some」:

« Eminem ニューシングル "Mosh" mp3 フリーダウンロード | Main | トマソン:無用扉発見 »