« 韓国でブレイクした中島美嘉の売上げ枚数は? | Main | GUNS N' ROSES ニューアルバム 4月発売? »

2005.01.21

電気グルーヴ X 天久聖一 「ニセンヨンサマー」

電気グルーヴ 「ニセンヨンサマー~LIVE&CLIPS~」(2004)
電気グルーヴ
「ニセンヨンサマー」
DVD
毎日でも観続けたい作品。それが 電気グルーヴ の新作 DVD 「ニセンヨンサマー」 なんです。最初 「偽ヨン様」 かと思ったのはナイショの話。

2004年12月にリリースされたこの DVD には WIRE04 と Rising Sun Rock Festival 2004 in Ezo のライブの模様と新作 PV が 4本収録されている。そしてこれらの PV をあの 天久聖一 の全面協力のもとに製作されていて、天久マニアにはたまらない仕上がりとなっているのだ。

正直なところ、電気のライブよりも PV を目当てで買いました。一応ライブも観たけど副音声に収録されている卓球と瀧のトークしか聴いてません。電気ファンのみなさんごめんなさい。なので、このエントリーでも電気グルーヴのライブではなく天久製作の PV 4本にのみついて書く。

bounce.com で ピエール瀧と天久聖一による対談 を読めるのでそちらを先に読んでみるのも良いかもしれない。

01. Cefe de 鬼(顔と科学)
アニメのエンディングテーマのパロディというコンセプトで仕上げられた逸品。むかしのセルアニメの画質を出すために一度 VHS テープに落としてから仕上げたらしい。それぞれ鬼にキャラデザインされているので、攻撃方法も卓球は取ってのついた箱で電気を起こしたり、瀧は重ねたベルトを引っ張ってパチパチいわせている。


Cefe de 鬼(顔と科学)

天久による立て読みのさりげない自己主張も必見。最後のパートで赤ちゃんを何回も何回もドッキングさせては同じ失敗するところが一番好きだ。アニメ放送開始当初は 6頭身だったのがいつのまにか頭身が縮んでいくというギャグマンガにありがちなパターンを踏襲することで思いのほか長期アニメだったんだなぁと妄想を膨らませてしまう。

02. 弾けないギターを弾くんだぜ
音源自体は 2004年春にリリースされた 「SINGLES and STRIKES」 (CCCD) に収録されていた新曲。2分19秒しかないのに天久は 1100枚もの原画を書いてパラパラ漫画風に仕上げている。山あり谷ありな男の半生を流れるように見せてくれます。


弾けないギターを弾くんだぜ

この PV の内容が音楽をかじった人間には生々しくってなんかちょっと繰り返してみるのがツライんだけど、ついつい観てしまうのはなぜだろう。のテーマは 「ロックを忘れるな!」 ということだと勝手に理解しておいた。違うかもしれないけど別に間違っててもいいや。

03. Mr.Empty
真中の主人公が歩きながらいろんな場所でいろんなものに巻き込まれていくのが大まかな流れ。このサイケな発色を出すのが大変だったらしい。


Mr.Empty

ヒゲの伸びる人形や焚き木にされるピノキオなど、これでもかとばかりに画面に小ネタを詰め込んでいるので、そのへんは副音声の瀧と卓球のトークを聴きながら観て欲しい。しかしこの最後のオチは秀逸。メインキャラはお前だったんかい!とおもわず画面に突っ込みたくなりましたよ。

04. 中年パンク
問題作だ。このエントリーで何回か 4本の PV と書いていたが、この "中年パンク" は隠しトラックというか、ギターのサンプリングの使用許可がもらえなかったとかでなかったことにされている作品らしい。まず、普通の方法では観ることが出来ない。わたしも 1週間前まで知らなかったが、【電気グルーヴCHAT伝言板】 の 2004/12/23(木) 22:13:04 の書き込みでこの PV の存在のことが書かれている。

まず、DVD Shrink というソフトを手に入れてください。その中にある [ 非参照素材 ] ってところにこの PV のファイルが置いてあるので、それを再生すると観ることが出来ます。二人の副音声も入ってます。


中年パンク

中年のオヤジが魔法少女の魔法を手に入れたら、という if がテーマ?サイコーにクダラナイです。あ、ボートが何に変身しているのかがわかんないので誰か教えて下さい。というかこの [ 非参照素材 ] って部分を参照するのは法律的にやばいかもしれないので各人の責任でお願いしますね。

わたしは観ちゃいましたが、みなさんに勧めるのもではありませんので。ちなみにこれは初回版での話です。万が一再プレス分に "中年パンク" が収録されていなくてもわたしにはどうしようもありませんので・・・・・・。


以上の 4本もの天久作の PV が 3990円で手に入るなんて夢のような事態ですよ。同価格の 「悲しみジョニー」 に満足できる人なら間違いなく買いです!しかもこの DVD はリージョンフリーなので日本国内はもちろん海外でも観れるんですよ。

ここにきて映像作家への道を歩き始めた天久聖一の今後の動向が非常に気になります。

関連リンク
- 電気グルーヴ
- 石野卓球
- ピエール瀧
- WIRE04
- Rising Sun Rock Festival

関連エントリー
- 電気グルーヴのサイン入りバット! [2004.08.06]
- 電気グルーヴ:デビュー当時のサンプル盤 [2004.070.09]
- 天久聖一 「悲しみジョニー」 [2004.02.27]

|

« 韓国でブレイクした中島美嘉の売上げ枚数は? | Main | GUNS N' ROSES ニューアルバム 4月発売? »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1570/2652367

Listed below are links to weblogs that reference 電気グルーヴ X 天久聖一 「ニセンヨンサマー」:

» 「ニセンヨンサマー〜LIVE&CLIPS〜」 [帰ってきた、早川伸也のダメサイト。]
 朝いつも通りに出勤。ラジオ体操をして、朝の朝礼。朝礼の時に、僕に仕事くれる女性職員が休みだということが判明し、僕は早々に帰宅する決意。職場で干されるのは辛いも... [Read More]

Tracked on 2005.02.19 at 16:25

« 韓国でブレイクした中島美嘉の売上げ枚数は? | Main | GUNS N' ROSES ニューアルバム 4月発売? »