« Audioslave ライブ映像ダウンロード | Main | ピックアップアイテム 2005年06月 »

2005.05.28

THE LINK QUARTET を強力プッシュ!

THE NEW MASTERSOUNDS の最新アルバム 「This Is What We Do」 って日本盤もリリースされていたのね・・・・・・しかもボーナストラックとして 7インチのみで発売された "Butter for Yo' Popcorn" が収録されてるし。そんなわけでイギリス盤に続いて日本盤も購入してしまいました。ブックレットには早坂英貴氏による丁寧な解説も載っているので輸入盤よりも日本盤をお勧めします。

しかしこのブログではずーっと輸入盤の 「This Is What We Do」 をプッシュしていたので 「すでに輸入盤を購入しちゃったよ!」 という方は申し訳ないけど hammondbeat.com 内の NMS4 のページ からライブバージョンの "Butter for Yo' Popcorn" をダウンロードできるのでそっちを聴いてください。というか NMS4 のリーダー エディー・ロバーツ のソロアルバム 「Roughneck」 も日本盤が出ていて、しかもボーナストラック "Friday Workout" が収録されてた・・・・・・。

で、NMS4 以外のファンキーなオルガンロックをもとめて hammondbeat.com をうろうろして見つけたのが今回紹介する THE LINK QUARTET です。現在のメンバーはこの 4人。

Paolo "Apollo" Negri - Organ
Giulio "Link" Cardini - Guitar
Renzo Bassi - Bass
Tony "Face" Bacciocchi - Drums

イタリアのバンドで結成は 1991年と意外と古く、メンバーチェンジを繰り返し手現在残ってオリジナルメンバーはギターの Giulio "Link" Cardini のみ。レコードデビューは 1998年のホーンセクションをフィーチャーしたセルフタイトルのシングルでスペインの Animal Records からリリースされたそうです。2001年にはファーストアルバムとなる 「Episode 1」 を 200枚 (!) 限定でプレス。自分達だけで売りまわったそうです (その後 Animal Records からリイシュー)。

Hammondbeat に所属しているだけあってハモンドオルガンを主体にしたオルガンロックです。そしてファンキー。ダウンロードページ ではデモやライブ音源を 12曲ダウンロードできるのでチェックしてみてください。

最新アルバム 「Italian Playboys」 の 1曲目にある "Move Move Move"試聴 して気に入り、NMS4エディー・ロバーツ"Spider Baby" にシタールで参加しているというのも購入のキッカケとなりました。

5月の初めくらいに amazon.co.jp で注文しようとしたら取り扱いされてなくって仕方なくアメリカの amazon.com で注文したんですが、いま確認したら日本の amazon.co.jp でも取り扱いが始まってました。・・・・・・なんか悔しいですけど、だれもが購入しやすくなったのはいいコトです。ただし、なぜか amazon.co.jp での発売日は 2005年6月14日になっているので注意。

THE LINK QUARTET 「Italian Playboys」


  1. Move, Move, Move
  2. Italian Playboys
  3. Deliquesced by Devonshire
  4. Milwaukee Hunter
  5. Rubber Monkey
  6. Greased on Delta Street (version 2)
  7. Janine
  8. Portofino Vespa Rider
  9. Ladyshave
  10. Glass Onion
  11. Briar Patch
  12. After and Once Again
  13. Spider Baby
  14. Take Four

"Glass Onion"「The Beatles (The White Album)」 に収録されている THE BEATLES のカヴァーです。軽快なオルガンロックに仕上がってます。

個人的には Plastic というレーベルからリリースされた 「Stroboscopica」 という 70年代のイタリアンおサイケ B 級ムービーのサウンドトラックのコンピ盤シリーズに収録されているようなスリリングで怪しい雰囲気を醸し出している "Milwaukee Hunter" が気にいりました。といっても理解してくれる人は少なそうですけど。

ほかにも 2002年リリースの前作 「Beat It」 も同時に購入しました。ジミ・ヘンドリックス"Crosstown Traffic" のカヴァーも収録。

THE LINK QUARTET 「Beat It」

  1. Strudel Girl
  2. Be Yourself
  3. Alfa Romeo Duetto
  4. An Evening with Linda Lovelace
  5. Beat.It
  6. Crosstown Traffic
  7. Somebody Stole My Thunder
  8. Little Italy Serenade
  9. Happy Boys Happy
  10. Gianni Fuso Nerini
  11. If I Could Only Be Sure
  12. Marshall Jim 100
  13. Theme From Hammondbeat (solo version)

2枚を聴き比べると 「Italian Playboys」 の方が聴きやすい気がします。気に入れば 2枚とファーストアルバムの 「Episode 1」 も購入してみてはいかがでしょうか?NMS4 好きならきっと後悔はしないはずです。

調べてみたら 2005年1月にリリースされた サザナミ・レーベル のコンピ盤 「Wild Sazanami Beat! vol.2」 にも "Delisquesced by Devonshire" というトラックで参加しているんですね。amazon.co.jp にはないようですが、HMV.co.jp で扱ってますね。税込 1575円とお値段が安いのでお勧めかも。

Hammondbeat Records にはほかにもたくさん魅力的なバンドが所属しているのでいろいろチェックしてみることをお勧めします。フリー mp3 も大量にありますし。次は王道の JAMES TAYLOR QUARTET (「Hammond」「The Penthouse Suite」) か DIPLOMATS OF SOLID SOUND (「Destination...Get Down!」) あたりを攻めてみるつもりです。

あと、オルガン奏者の Paolo "Apollo" NegriWICHED MINDS という HR/HM バンドに在籍しているようです。2004年9月にアルバム 「From The Purple Skies」 をリリースしているのでこれも聴いてみたいですな。

関連エントリー
2005.03.10 - The New Mastersounds サードアルバムリリース!
2003.12.16 - THE NEW MASTERSOUNDS 「Keb Darge Presents...」!

関連リンク
- THE LINK QUARTET
- THE LINK QUARTET ダウンロードページ
- THE NEW MASTERSOUNDS
- hammondbeat.com
- 高木庵 - ハモンドオルガンミュージックの情報満載

|

« Audioslave ライブ映像ダウンロード | Main | ピックアップアイテム 2005年06月 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1570/4307304

Listed below are links to weblogs that reference THE LINK QUARTET を強力プッシュ!:

« Audioslave ライブ映像ダウンロード | Main | ピックアップアイテム 2005年06月 »