« 戸川純のあのライブ作品が DVD で甦る! | Main | スマパン、GnR、BB キング、プレスリーのミニニュース »

2006.01.20

サントラ「Vampyros Lesbos」がボーナストラック収録で再発!

1995 年にドイツの Crippled Dick Hot Wax! からリリースされてカルト的人気を博したサウンドトラックアルバム 「Vampyros Lesbos: Sexadelic Dance Party」 がボーナストラックを加えて 1 月 24 日に再発されます。CD はデジパック仕様となり、アナログ盤は 2 枚組になります。最近は eBay でも 40-50 ドルのプレミア価格で取引されているだけに待ちに待った再発ですね。

「Vampyros Lesbos: Sexadelic Dance Party」 は 1969-1970 年に公開された Jess Franco 監督によるエロティクカルトムーヴィー 3 作品の劇中で使用された楽曲をまとめたものです。タランティーノ もお気に入りらしく、自身の映画 「ジャッキー・ブラウン」 でも "The Lions and The Cucumber" を使用して同作品のサントラ 「Jackie Brown: Music From The Miramax Motion Picture」 にも収録しています。

もともとは映画公開と同じ時代に 「Psychedelic Dance Party」「Sexadelic」 という 2 枚のアルバムで発売されていて、1995 年に Lucertola Media より 500 枚限定でその 2 枚の全 24 トラックを収録した 「3 Filmes by Jess Franco」 というアルバムが発売されました。

その後 1996 年にドイツの Crippled Dick Hot Wax! から厳選された 14 トラック収録の CD と 12 トラック収録のアナログ盤と 14 トラック収録のピクチャーディスクでリイシューされてブレイクしたワケです。さらにアメリカの Motel Records や日本の Pop Biz Ltd (ボーナストラック 2 曲収録) からもライセンス販売されました。

CD とアナログ盤では一部の収録曲が異なっていたんですが、今回の再発では CD / アナログともに全 17 トラック収録で 1996 年に Crippled Dick Hot Wax! から発売された全ての音源がコンパイルされることになりました。

OST 「Vampyros Lesbos: Sexadelic Dance Party」


  1. Droge CX 9
  2. The Lions and The Cucumber
  3. There' s No Satisfaction
  4. Dedicated to Love
  5. People' s Playground Version A
  6. We don’t Care
  7. People' s Playground Version B
  8. The Ballad of a Fair Singer
  9. Necronomania
  10. Kamasutra
  11. The Message
  12. Shindai Lovers
  13. The Six Wisdoms of Aspasia
  14. Countdown to Nowhere
  15. Konkubination
  16. Ghost or Good and Bad Onions
  17. Psycho Contact - Part One

ドイツの amazon.de で 30 秒ずつ試聴できます。レコメンドは 1 、4 、10 など。というか捨て曲なしです。ホントに。わたしはこのアルバムを聴いて音楽の嗜好が 180 度変わりました。それほど衝撃を受けたわけです。

ちなみにコンポーザーは Manfred HublerSiegfried Schwab です。Siegfried Schwab はその後ドイツのジャズプログレバンド EMBRYO に参加したりしたのち、現在はソロアーティストとして活動。わたしが調べた限りではシタールをメインに据えた曲が多いと思います。

一方 Manfred Hubler はこの作品以外の活動がまったく無いようです。OST 「Vampyros Lesbos: Sexadelic Dance Party」Manfred Hubler の作品だというのがわたしの印象なんですが、これだけの能力がありながらほかに作品が無いというのは解せませんね。ひょっとしたらほかのコンポーザーの変名なのかも?と勘ぐってしまいます。

3 作品の劇中で使用されているので興味のある人は是非。なんと 3 作品とも 2003 年に日本版 DVD がでていますので。
「Vampyros Lesbos」 (ヴァンピロス・レスボス)
「She Kills in Ecstasy」 (シー・キルド・イン・エクスタシー)
「The Devil Came from Akasava」 (恍惚の悪魔 アカサヴァ)

この 3 作品は同じアルバムから楽曲が使用されているだけではなく、主演の女優も一緒なんです。ソリダット・ミランダ というスペインやドイツの B 級カルト映画で活躍していた女優で、1971 年に 28 歳の若さで交通事故により他界。活動の場をメジャーな映画業界にステップアップさせる直前の出来事でした。フィルムに映った彼女の美しさは色あせることなくあなたに届くことでしょう。

関連エントリー
2006.XX.XX - 「Vampyros Lesbos: Sexadelic Dance Party」 (レビュー準備中)

関連リンク
- Crippled Dick Hot Wax!
- 試聴ページ
- Pop Biz Ltd

|

« 戸川純のあのライブ作品が DVD で甦る! | Main | スマパン、GnR、BB キング、プレスリーのミニニュース »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1570/8242797

Listed below are links to weblogs that reference サントラ「Vampyros Lesbos」がボーナストラック収録で再発!:

« 戸川純のあのライブ作品が DVD で甦る! | Main | スマパン、GnR、BB キング、プレスリーのミニニュース »