« SUPER JUNKY MONKEY が一夜限りの復活 | Main

2009.06.04

筋少「シスターストロベリー」再発決定!

◆ 筋肉少女帯の初期作品群リマスター再発
2007 年に奇跡の活動再開を果たし、 「新人」 「シーズン 2」といったかなり開き直ったアルバムタイトルでのリリース続けている 筋肉少女帯 の長いこと廃盤になっていた初期作品を含む 8 枚のオリジナルアルバムがデビュー 20 周年記念としてデジタルリマスターされて再発売されることが決定しました。

発売予定日は下記の通りカッコ内はオリジナルの発売日。

2009 年 07 月 22 日発売
「仏陀L」 (1988.06.21)
「SISTER STRAWBERRY」 (1988.12.21)

2009 年 08 月 19 日発売
「猫のテブクロ」 (1989.07.05)
「サーカス団、パノラマ島へ帰る」 (1990.02.05)
「月光蟲」 (1990.11.21)

2009 年 09 月 16 日発売
「断罪!断罪!また断罪!!」 (1991.07.21)
「エリーゼのために」 (1992.05.21)
「UFOと恋人」 (1993.04.25)

筋肉少女帯 はレコード会社をたびたび移籍したせいか活動休止期にもさまざまなベストアルバムが発売されており、当のメンバーたちがリリースされたことすら知らなかった 「ゴールデン☆ベスト」 に至ってはそれを知った 大槻ケンヂ が事後に ネット上でセルフライナーノーツを書いている 始末。

デビューしたトイズファクトリーから 「筋少の大車輪」 (1992) というベストが出ており、それに初期の楽曲も少しだけ収録されていますが、「シスターストロベリー」 などはやはりアルバム丸ごと聴いてほしい一枚。当時の空前のバンドブームの中で 筋肉少女帯 はロックだけでなくプログレの要素を含んでおり一線を画していましたが、キワモノ的存在と見られていた 筋肉少女帯 がそのプログレサイドが見事に開花したミニアルバムです。このアルバムはインディーズの頃の楽曲の再レコーディングがほとんどですが、捨て曲ナシの名盤です。このアルバムを最後に脱退する エディ こと 三柴江戸蔵 (三柴理) の鍵盤捌きに聴き入れましょう。

実は先週の 05 月末の恵比寿リキッドルームでのライブで初めて生の 筋肉少女帯 を観てきており、大槻ケンヂ が MC でさらっと今回のリマスター再発について触れただけだったのですが、個人的には大ニュースです。三柴理内田雄一郎 がリマスターの監修もしていていままで聴こえなかった オーケン の「ウグゥッ」「ンハッ」といった息遣いもビンビンに伝わってくる出来上がりだそうです。

デビュー作となる 「仏陀 L」 用にレコーディングされたものの諸々の事情でお蔵入りになった "高木ブー伝説" くらいはボーナストラックとして収録してほしかった気もしますが、曲のアウトロを他のアルバム収録曲に流用している関係上アルバムの構成がおかしくなるので仕方なしか。ちなみにこのテイクの "高木ブー伝説" はベスト盤 「筋少の大水銀」 (1993) に収録されているものの残念ながらすでに廃盤。

長年廃盤だったアルバムがこうして時を経て再発されるのはうれしいものですね。オリジナルも所有していますが、この初期の 2 枚は今回のリマスター盤も購入して楽しむつもりです。当時 (というか今もですけど) キワモノ路線の彼らの音楽をスルーしていた方々にもぜひぜひ手にとってもらいたいものです。

■ 関連エントリー
2005.08.15 - ネットで拾える mp3 でオリジナルコンピ盤を作成しよう【3:Little More】
2004.12.13 - ナゴムレコードの全作品がCDで再発決定
2004.01.14 - 三柴 理 Electric Trio 無料ライブ

■ 関連リンク
- 筋肉少女帯 -Official Web Site-
- 筋肉少女帯 復活情報局!
- 筋肉少女帯 @ Toys Factory
- 大槻ケンヂ
- 内田雄一郎
- 橘高文彦
- 三柴理

■ ニュースソース
- ナタリー
- CD ジャーナル

|

« SUPER JUNKY MONKEY が一夜限りの復活 | Main

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1570/45228079

Listed below are links to weblogs that reference 筋少「シスターストロベリー」再発決定!:

« SUPER JUNKY MONKEY が一夜限りの復活 | Main